大阪市総合防災訓練

勤労感謝の日:快晴の下、大阪市総合防災訓練が十三小学校で行われました。
市の主催ということで、起震車や水道局の給水車などフルスペックで集結。各連合からも参加があり、阪急京都線の真横にある校庭がいっぱいに。
注目は「水災害体験装置」。水圧がかかるドアを開ける難しさや冠水路を歩く体験がタタミ4畳半ほどのスペースでできます。消防局と市内のメーカーが共同開発したものだそうです。メーカー社長さんから色々お話を伺うことができました。
写真は十三連合社協会長さんが40センチの水圧がかかるドアにトライしているところ。
私は、陸自の”マモル君”と2ショット。
伊丹駐屯地からわざわざ参加があり、募集相談員として大変嬉しく思いました。