投稿者「admin」のアーカイブ

たえこむタイムズvol.10

暮れも押し迫った頃に、定期刊行している市政報告誌「たえこむタイムズ」の第10号が出ましたのを遅ればせながらアップさせていただきました。

タイトルバーのたえこむタイムズの所をクリックしてください。

バックナンバーも合わせて、すべて揃っていますので、混乱する橋下市政のおさらいの意味も込めてご覧いただければ幸いです。

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

敬老パスと中学校給食

6月14日朝日新聞 【市内版】 記事

敬老パスの更新「住民の選択で」という会見記事の隣に、市長が区長らとともに給食試食会を行った記事がならべて掲載されていた。

敬老パスは今年度から更新料3000円の負担となり、33万人中更新したのは26万人。78%ぐらいか。

市長は、「負担するならサービスはいらないとか負担をしてでもサービスはいるとか、これはみなさんの選択。(中略)受益と負担について選択してもらう。これは住民自治の大原則だと思う。」とコメントしている。

一方、中学校給食は現在1食300円負担で、家庭弁当との「選択制」だが、、給食利用率はわずか10%である。

「おいしい」を連発する市長は、「周囲が家庭弁当なのに自分の子供だけ給食には出来ないと考える親が多いのなら(選択制をやめて)一律に全員給食というルールを作ってもいいと思う。」

来年度、給食の選択制を維持するか、全員給食にするかは、これまたなぜか区ごとに公募区長が決める。

この2つの施策に対する市長の発言はまったく相容れない。

敬老パスは負担が嫌なら自由に放棄させる。給食は1割の利用率でも負担させ望まない9割に強制する。

報道する側も疑問に思わないのだろうか。横に並べて書いてある記事が矛盾。読者も情報のたれ流しに対してしっかりと噛んで飲みこまないと、このような場当たり的な威勢の良い発言にはたちまち消化不良を起こすと思うのだが。

追記:もっとも、給食は試食会と違って実際に学校で食べると冷めきっている上に美味しいとは言えないというのが私の感想である。300円負担が利用しない理由ではない。ちなみに300円かければ家庭弁当なら十分すぎることは、作り手なら誰でも分かる。

負担が生じて敬老パスを更新しない高齢者も、望まないのに給食を有料で毎日食べる中学生もみんな大阪市民だということを忘れてもらっては困る。

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

学校活性化条例

学校活性化条例が7月27日本会議で維新・公明の賛成によって可決した。これで教育基本条例のうち、教育行政基本条例・学校活性化条例の2本とも可決成立。われわれの思いは届かなかった。

学校活性化条例の中で、特にポイントとなる点3点。

①学校選択制

②公募校長

③学校協議会

【学校選択制】については、自由に行きたい学校を今の行政区内で選べるからいいじゃないかというアンケート結果もある。しかし、何を基準に学校を選ぶのか?が、保護者の手の中にあり、学校教育内容や先生の頑張りではなく、例えば学校が新しいとか子供がやりたい部活が強いとか、ほとんどが風評・噂で決められてしまうおそれがある。公立小中学校に特色を期待するのは難しい。

それならば、今現実問題として、目の前に別の学校があるのに指定校ではないために、わざわざ遠い学校に通っている子供たちや、バリアフリーなどが整っている学校を希望する障害児に対応するためなどの正当な理由が認められれば、いわゆる”越境通学”を認める、指定校の弾力運用で十分じゃないか・・・というのがわれわれ自民党の主張だった。

結果は、選択制も指定校の弾力運用も両論併記で条例には記載されており、決定するのは8月1日に就任した公募区長だというのだ。区に丸投げ・・・

地域の破壊だとする、パブリックコメントに対して市長は言う。「保護者に選ばれるような地域になればいい。」学校は企業ではない!競争にさらされた教育が地域が廃れて行ったのを、イギリスなどのサッチャー教育改革崩壊などでもう検証済みではないか。東京23区の杉並区などでも選択制が行き詰まり、3.11以降は学校中心のコミュニティーを見直す結果、選択制を廃止するところも出て来た。いわば時代に逆行する施策であると言える。他都市比較をよくされるけれども、こういう時には引き合いにされない。

【公募校長】については、学校のマネジメント能力のみが重視され、子供たちの教育は経済効率経営効率というものさしで測られてしまうのではないかという懸念大。教員免許も持たず、教員経験が外部の新しい風を入れると言ったって限界がある。教職員のモチベーションの低下も心配である。現職校長からは無理との言葉をよく聞く。私も以前世田谷区の公募校長になった、某大手塾のカミソリみたいに切れる校長にお会いした時の感想を申せば、校長先生というより、社長であった。もう一度、同じことを言う。学校は会社ではない。

学力テストの公開や、公開のためのが学テ対策に教育の目標を置いたり、高得点が望めない子供の受験を控えさせたりはしないだろうか。

いじめなどの学校のマイナスイメージを隠ぺいするような方向に進まないだろうか。大津のいじめ自殺のあった中学校は学校選択制の下で、道徳教育のAAA判定を誇る模範的な道徳教育推進校であったという事実はあまり報道されていない。

【学校協議会今でも学校評議会とかはぐくみネットや学校開放委員会などなど、似たような地域と学校の関わりがある上に、時給700円で有償の学校協議会が置かれる。委員構成も自由度があり、ゆるい組織のわりには権限があり、教員評価などが出来る。これに、今までは区内の教育に参画しなかった公募区長が学校協議会委員の任命権や意見具申を有する。

ある意見を共有する人たちだけの言うことに従わざるを得ない、学校教育が実現してしまい、教職員は保護者の方を向いて教育をすることになり、子供たちと本当にきちんと向き合ったのびのびとした教育ができるのだろうか。

以上、長くなりましたが、よくお付き合いいただきました。

現在のPTAやまだ就学させていない保護者の皆さんは、問題がどこにあるのかよくわからないと思われるかもしれませんが、こんなに性急に決める課題ではなく、よくすることに反対と申し上げているのではないということはご理解下さい。

私も長い間PTAや地域のことに関わってきましたが、改善の方法や余地はいくらでもあり、それは地域の崩壊や、子供の教育と言う国家100年の計と言われる長いスパンで考えなくてはいけない問題を、えいやっと大手術で荒療治しようとする大阪維新の会の会の代表だけが頭の中で考えた教育に我々は振り回される理由がありません。新区長とともにしっかりと話し合って、方向性を決めていただくのは9月末と聞いています。それほど時間があるわけではありません。

子供は皆さんの宝であるだけではなく、地域の社会の日本の宝なのです。大切にすくすくとのびのびと育てたいものです。

 

 

 

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

文楽をめぐる騒動記

 
大阪維新の会が東の方を向いて動き出しており、大阪のいろいろ市政改革に対してもはや興味関心を失ったかのような今日この頃であるが、今なお、H24年度補正予算によって縮減された文化・芸術への補助金はそのままである。
 
特に、文楽協会への補助金をめぐっては人間国宝・吉田住大夫さんとのマスコミ・フルオープンでの話し合いという「条件付き予算執行」などを主張した橋下市長は、おそらくこれをご覧になっている方々の想像通りの思惑をお持ちであろう。
”予算編成権”を盾に、補助金が欲しいなら平身低頭お願いしなければ、当たり前のように税金を投入している芸能が採算も合わないような興行でぬくぬくとしているのはけしからんという。
 
竹本住大夫さん他もう一人の技芸員さんも心労のため入院中である。
 
文楽は、①文楽協会②文楽劇場③技芸員さん(人形遣い・三味線・語り)のトライアングルで運営されているが、総合プロデュースやプロモートする仕組みがない。
お客さんがたくさん入ろうが入らなかろうが、あまりそれぞれに影響が少ないらしい。
東京の国立劇場とよく比較されるが、客席数が東京の方が少ないので、満員御礼になりやすさが違うため、単純比較はできない。
 
むしろ、東京公演の時に大阪の国立文楽劇場がカラになる。その間は大阪で文楽は観ることができない。大阪人も観たことが無い人が多い。これは是非ひと工夫が必要と感じる。
 
さらに、技芸員さんは82名しかおらず、もっと裾野を広げ、魅力ある大阪発祥の芸能を残すには絶対数が少ない。世界無形文化遺産に指定され、日本より世界で評価を受けている三人遣いの人形劇・浄瑠璃をこれからもがんばって残していただきたい。
庶民に愛され、庶民が育て、何百年もの間、盛衰はあったものの、大阪の誇る文化をたった一人の人間の意思や好き嫌いで簡単に壊されてはならない。
 
今回の騒動で、文楽の入場者が4割増え、”橋下効果”などと言われているが、近松の脚本に不満を漏らし「演出が古臭い」と感想を言い、なおかつまだもう一度マスコミフルオープンでの懇談をと申し出たことを考えれば、評価に値しない。
 
また、こども文楽デー等の試みも、歴代の市長は必ず出席してきた。橋下市長が始めたものではない。これまでずっと文楽が大阪市や地元の学校で出前講座などの形で貢献してきた歴史があり、昨日今日始まったことではない。そこから新しく弟子入りした技芸員が育って活躍している事を、われわれはよく知っている。
 
歌舞伎や能の世界とはまた違い、世襲制も家元制度もない伝統芸能の世界・・・・
ぜひ皆さんも分かりやすく、親しみやすい演目から入って行かれてはいかがであろうか。
 
*この質疑は文楽・大フィル・市民音楽団の予算カットに寄せて6月7日に文教経済協議会において、当局に問いただしたものです。
 
北野たえこ
 

 

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

近況報告

皆さま本当にご無沙汰いたしまして申し訳ありません。本当にこの半年間、橋下市長が繰り広げる、矢継ぎ早の改革の嵐に翻弄されている間に、母が急逝し、そのあとの事とかに取り紛れたこともあって、やっとやっと7月臨時議会が閉会になり身辺を片付ける時間的余裕が出来てまいりました。

PCのまわりもスッキリすることが出来たので、いろいろなことを思い出して書いていこうと思います。山ほどの思い、できごとetc…

夜に地域盆踊りなどがありますし、いよいよ明後日4日はなにわ淀川花火大会があります。地域にいると本当にほっとするのですが、8月1日、昨日からは、公募区長が淀川区に着任。すでに3度ほどお会いしましたが、まだ区に下りて来た区長権限についてお話したことはありませんので、しっかりこれから淀川区のことについて話し合っていきたいと思います。

我々は区議会議員ではありませんが、区民の代表として代弁者として報酬を税金からいただく市会議員であり公僕です。区長は局長より偉かろうと何であろうと、市の職員であり同じく公僕です。公僕は全体の奉仕者でなければなりません。我々は二元代表制の一翼をになっている自負をもって、野党ではあってもきちんと行政のチェックをするのが役目です。特に強大な権力を持つ行政の長である首長が、暴走しようとするときには本当の民意を語らなければならないと思っています。区においては区長権限が拡大されるのはニアイズベターの原則からしても、住民自治の観点からも好ましいことですが、勘違いや浅い理解に基づく判断や行動がなされないようにしっかりとチェックさせていただきたいと思います。

何よりも淀川区のことを最優先に最大限に考えつつも、オール大阪としてのバランスや整合性を重んじ、時には戦い、時には説明責任を果たす、そのようなスタンスで頑張って行こうと思っています。

区間競争や格差意識をこれまで持たなくても良かった時代は、平松市政で終わりました。いやだけれど競争しなくては区民利益を損なうことも出てくるかもしれません。一度かけ違えたボタンは、なかなか元に戻すことは難しい。

ただ、今こんなはずじゃなかった、しまったと思っておられる方も少なからずおられると思います。またもとからこのような事態になると分かっていたがゆえに、私に1票を投じて下さった方々もおられます。その方たちとともにスクラムを組んで、どうにか引き返せるところまでは仕方ない流れでも、これ以上進んでは危険だと言うところまでは、最後の一人になってでも頑張りますので、これからも応援よろしくお願い申し上げます。

次回からは、具体的なお話をさせていただきます。

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

羽衣学園高校全国優勝

5月12日(土)高石市にある羽衣学園高校ホッケー部が全国選抜大会で優勝した祝賀会に出席した。生徒たちはご覧のように一糸乱れず整列し、折り目正しく、見ていて気持ちがすがすがしくなるような態度で、その上、慣れない祝賀会の中でも、「らしさ」を失っていなかった。
どんな指導教育があったのだろうと、興味津々で監督先生のお話を聞いて納得。
緻密に計算されたチーム戦略と、教育の基本ともいえる人に対する”敬意”が苦しい試合や延長戦のぎりぎりのところを制する原動力になったことなどを、熱く熱く語られた。
深い、いい話である。生徒たちはホントに幸せである。
 
このような素晴らしい先生の下で思う存分に体と心を鍛えて、生涯にわたってできるホッケーというスポーツを続けてほしい。そして良い妻となり良い母となり、いい子供を産んでまたそれを伝えてね。
 
ちなみに3大会連続、ロンドン五輪出場が決定したサクラJAPANの駒沢選手は羽衣学園のOGだ。歴代のOGにも華々しい活躍をし、今も現役の国際審判員としてトップクラスのジャッジをする逸材も多数輩出している。
 
TVなどで紹介される事も多くなってきたホッケー。アベックで男子もロンドンに行ければもっともっとホッケー界としては良かったのだろうけど、本当に残念!
 
選抜のあとはインターハイなど試合が続く。激戦区大阪を制して、再度日本一をめざしてほしい。
 
北野たえこ
 

 

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

母が他界しました

 

3月16日母が他界しました。H.P上で報告するのもいかがなものかとも考えましたが、私の議員生活はもとより、すべての面で影になり日向になり支えてくれた母ですので、お許しを賜りたいと思います。

母は気丈で我慢強く働き者で家族の文字通り大黒柱として55年間北野家を盛りたててくれました。私たち3人姉妹を育てる傍ら、家業である飲食業時代や不動産賃貸業の社長として住友銀行勤務の経験を活かして切り盛り。

父・北野禎三の妻としては議員の妻の制服といわれるくらい喪服の姿は皆様の脳裏に焼き付いているかもしれませんが、代理で通夜・告別式に参列。全く面識のない方の葬儀でも遺族の涙にもらい泣きをするくらい涙腺がもろいそんな面もありました。

阪神タイガースが好きで、高校野球が好きで、ビールとお寿司が大好物。よく笑いよく泣きよく怒ってました。でも一番好きなのはたぶん父のことだったろうと思います。体調が悪い父の介護に明け暮れ、自分のことは二の次で、筋金入りの病院嫌いで歯医者さんと出産のときの入院しか知らず、亡くなる前日に初めて病気入院をし、滞在時間わずか25時間で息を引き取ってしまいました。

この状態この検査数値でこの状態は医学的には考えられないという医師の診断は、末期の肺がん。肝臓まで転移し、いつ急変してもおかしくないからすぐ会わせたい人があったらすぐ呼んであげてくださいと言われてもピンときませんでした。それくらい意識は亡くなるまでしっかりとしていて、集まってきた家族や父に早く帰れ、なんで来たんだと怒る母・・・その2時間後にすーっと息を引き取りました。苦しんだのはほんのわずかでした。

もっと前に病気を発見できていたらという悔いの残る気持ちもありますが、母は生前「私はもういつ死んでも悔いのない人生を生きてきた。ぴんぴんころりが一番や!」と繰り返し繰り返し言って来ましたから、有言実行したのではと思いたいです。

ただ、父よりは一日でも長生きしたいと願っていた母。それだけは叶えられなかったですが、残ったわれわれ家族でしっかり見て行くから大丈夫だし、不眠症気味でショートスリーパーだった母には、駆け抜けてきた太く短い人生を見事に生き抜いて、さぞかし疲れたと思いますので、ゆっくり休んで下さいと言いたいです。あっぱれな母の最期。決してまねのできない生きざまだと誇りに思うと同時に、あのような最期を見せられて、私は本当に本当に母のことを尊敬していたのだと気づきました。もっとやさしい言葉をかければよかった、もっと気遣ってあげればよかった。心の準備も覚悟も何もできていないのに、母は逝ってしまいました。

最愛の母を亡くして今日で12日が過ぎました。

お世話になりました方々には、本当にたくさんのご弔問・ご弔電・ご会葬を賜り、心より厚くお礼申し上げます。有難うございました。

 

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

東北ガレキ受け入れ問題その2

2月22日(水)民生保健委員会に合計22本のガレキ受け入れに反対する趣旨の陳情書が寄せられた。(ツイッターで23本と書きましたが、1本は財政総務委員会へ廻った)環境局・健康福祉局・震災支援室・橋下市長に対して40分ほど質疑をした。各会派前回と同じメンバーで登板!

それぞれの切り口は違えども、受け入れ反対または慎重な立場で質疑していたように感じる。

私は、ガレキの広域処理が総ガレキ量の20%にも満たないことに注目。新聞誌上でガレキの現地処理が遅々として進まない(まだ5%程度らしい)報道があったが、”仙台方式”と呼ばれる、計画的に分別焼却・埋立と着々と進め来年3月には目標を1年上回る早さで処理完了するところもある。またその一方で、陸前高田市では、自前のガレキプラントを提起したが県に断られると言う一幕もあったりして、どうも国・環境省の方針・指示が徹底していない感はぬぐえないことを指摘。

そもそも、ガレキから放射性物質が検出した時点で、国は広域処理の方針を大転換するべきであったと思う。いまだに国の方針は広域化・全国化である。

放射性物質は焼いても無くならない。焼けばフィルターを抜けて大気中に飛散し拡散する、灰は33倍に濃縮された放射性物質をふくんだまま、土中に埋められる。すでに受け入れている自治体では、浸出水は下水道に放出される。これも実は大問題だが、大阪では海面埋立なのだ。やはり結果的に外海へ放出される。大阪に環境省の調査団が来て最終処分地を調査して行ったそうだ。夢洲(此花区)とフェニックス(大阪港内)安全基準を環境省が策定中?!

    ちょっと小休止(^-^)

橋下市長は、委員会の市長質問の時だけ現れた。これだけ多くの陳情が寄せられるなど、異例の関心事だと思うのだが・・・・まず、外国の方からの陳情もあったことから、市長に府が事業予算を計上した、りんくうタウンの医療特区や海外企業誘致など、ガレキ受け入れした場合、相当なダメージではないかと問うた。「きちんと説明しますよ。」「市長は安全を確認できれば受け入れると言っているが、”安全”と“安心”は違う。きちんと”安心”のものさしで考えてほしい。」と問うと、今度は議会では許されていない反問をしてきて、「じゃあ議員の安心の基準を示して下さいよ!」と。私は「市長に聞いているのです。」以下は省略しますが、インターネット録画放映が来週には市会H.Pで見られますので、詳細はそちらでご確認いただきますが、それまでの質疑の中で、明らかに私の言う安心の基準をもってすれば、受け入れをしないことだと分かるであろうし、これは議会では述べなかったが、「国際的にも危険性があるかも知れないことに対しては安全性が確認されるまで予防的な措置を採ること」という予防原則までちゃんと陳情書に書いてあるのだ!

現時点では、放射能汚染瓦礫は現地で封じ込め拡散させないのが原則ではないか。

J.I.バンダジェフスキー教授の話も引用した。どれだけ微量であっても、人工放射能・内部被曝は健康リスクがあるということ。それを踏まえて府市に対して医師団から意見書が提出されていることなども指摘した。ちゃんと読んで、認識を深めていただきたい。いつまでも環境省の出したパンフレットの域を超えない答弁ではあれほど勉強して不安に思っている市民の皆さんに説明責任を果たすことはできない。

そして、いつも国(大臣・官僚にさえも)に対して異論反論を厳しく迫る「橋下市長らしくない」ことも指摘。矢のような反論が返ってきた。「社会にはいろいろなリスクが存在する。遊具や食品にも安全基準が定められている」「口では被災地支援と言いながら、いざ危険がせまると拒否するのは、大阪の教育が悪い。」とか「情けない」とやはりこれまでの議論を完全把握しないでの意味がよくわからない答弁。委員会室はぽか~んとしていた。

西日本が助からないと日本全体が助からない。被災地の方々からも西日本は汚染されないでほしい。安全な食料や避難先を守ってほしい。という切実な叫びはあれから1ヶ月経つが、まだ市長の心には届いていないようだ。

続く民主党小林議員も市長に答弁要請していた。議員の質問にもほとんど答えず、持論展開。「湾岸戦争の時の日本のとった行動と同じですよ。カネだけ出して・・・こんな大阪のDNAを子孫に残したくない」とまで仰った!報道関係の皆さん、これは舌禍事案ではないのですかねー?結果は継続審議。

ともかく TO BE CONTINUED・・・3月21日

続きを読む

カテゴリー: 議会活動 | コメントする

東北ガレキ受け入れ問題

 1月25日、大阪市会民生保健委員会で放射線汚染瓦礫受け入れ反対の陳情書2件に対する審査をして、橋下市長に初答弁を求めました。報道の通り、ガレキ受け入れ方向で府も市も動いています。
ここで、大阪や他の自治体で今盛んに論議されているガレキ受け入れをめぐる問題について、少し長くなりますが整理してみたいと思います。

焼却工場は府下市町村にしかなく、最終処分地もフェニックスという大阪湾内か、大阪市此花区の夢洲ぐらいしかなく、大阪市はまさしく当事者。しかし橋下市長は「松井知事が大阪市民の代表。決定に従う。議会も最大限知事決定を尊重してほしい」と人ごとのよう。政令市として国に直接発言や要望もできることは、皆さんもご存知の通りです。こんな時こそ中央政府に発信力を行使してほしいと考えています。
焼却工場も焼却灰の処分地も放射性物質を前提としていないため、処理過程の安全性の法整備・制度整備もありません。
そもそも全国でガレキを受け入れ方向に決まった時は、放射性物質は検出されていなかったから、広域処理に踏み切った経緯があります。6月に東京で受け入れたガレキから安全基準を上回る放射性セシウムが検出され事態は一変しました。
東京都は民間業者が試験的に焼却し下水道に最終的に流していますがその安全性も?です。先日作業員が被曝したという報道もありました。
大阪では最終処分地はともに海面埋立。浸出水は外海へ放出される仕組みになっています。安全性を確保できるかどうかのガイドラインを環境省に示すよう求めている最中ですが、松井知事は受け入れ前向きな姿勢を変えていません。

ガレキは現在復興の支障になるような状態で3県内に残っているわけではなく、整然と集積場に保管されておりますが、10~20年分のガレキは想像を絶する量であることは事実です。私は福島県が当初から県内処理を決めたように、岩手・宮城の両県もガレキ県内処理プラント建設を新たに政府に働きかけ、全国に被害拡散を食い止める方が良いと考えます。放射性物質によって汚染されたガレキを受け入れることは決して被災地支援にはならないないと思うからです。
 

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする

光のルネサンス

今年も中之島公会堂を中心に光のルネサンスが12月1日から25日まで開催された。公会堂の正面で繰り広げられた3Dが圧巻で、今年はドイツの航空会社がスポンサーになってくれた関係で最後にCMが一瞬入るものの、なかなか見ごたえがあった。
市長が変わったので、来年からはどうなるか分らないものの、今年までゆとりとみどりの振興局の観光担当と何やかんや試行錯誤で進めてきたこのイベントにはかなり思い入れがあるので、シャンパンアベニューを通っていても、なんだか辛いのか寒いのかわからない複雑な気持ちでしたが、後から聞くと昨年の記録を大幅に上回って329万人もの人が訪れたということです。昨年実績が286万人ですから、年々根付いているのが分かると思います。
観光施策としては、全国的に見てみると光のイベント10選にはまだまだ入っていませんから大事に育てて行きたい、新しい大阪の冬の風物詩です。
まだ行ったことのない方が、来年行けるようにしっかりとこの文化観光事業を守っていきたいと思います。

北野たえこ
 

続きを読む

カテゴリー: taecom日記 | コメントする