シンガポール視察 平成26年1月26日(日)~1月29日(水) 3泊4日
シンガポール情報通信開発庁 情報通信体験センター
 CLAIRシンガポール事務所の案内で、視察初日の最終箇所。町の中心地のオフィスビルにある情報通信開発庁を訪れ、様々なシンガポールのIT技術の生活への採り入れを見た。
 ただ、狭隘なスペースでの展示であり、タッチパネルやスマートフォンなどの機器に慣れている日本人にはさほど目新しい技術とは思えないものであった。
 日本のITリテラシーは、欧米に比べてもさほど見劣りのするものでないと感じるが、ここシンガポールでも生活の中にどれだけ入り込んでいるかというと、「次世代の教育に力点を置くという域を超えない」と感じる。日本でスマートハウスやスマートタウンなどの試みが始まっていることを思えば、日本のIT技術や日常生活への浸潤は世界水準であると改めて思った。